しょうがパワー全開!日常に取り入れたい生姜の驚きの効能を3つご紹介!

Pocket

しょうがパワー全開!日常に取り入れたい生姜の驚きの効能を3つご紹介!

しょうがパワー全開!日常に取り入れたい生姜の驚きの効能を3つご紹介!

はじめに

こんにちは!長野県諏訪市豊田の治療院藤森です。健康って大切だけど、情報が多すぎて何を信じたらいいのかわからない・・・!私もそうです。そんなあなたに今回は、皆さんのご家庭のキッチンにきっとあるあの食材、生姜の素晴らしい効能について、楽しくわかりやすくご紹介します。生姜って辛いだけの食材・・・じゃないんですね!

生姜ってどんな食材?

生姜(しょうが)は、アジアを中心に世界中で愛用されているスパイスの一つです。そのピリッとした味わいは料理に深みを加え、私たちの食生活に欠かせない存在ですね。でも、味に変化をつける脇役的な立場だけじゃないんです!生姜には健康をサポートする秘密がたくさん隠されています。
例えば生姜にはジンゲロールという辛味成分が含まれています。この成分が、生姜を食べたときのあのスパイシーな感覚をもたらしているんですね。でも、ただ辛いだけじゃないのです!

驚きの効能その1:消化を助ける味方

生姜には消化を助ける効果があります。お腹がもたれた時や食後の不快感に、生姜茶はいかがでしょうか?暖かい生姜茶は、内側から体を温め、消化器官を活発にしてくれるんです。
生姜が消化を助けるパワーは、主に「ジンゲロール」という成分によるものです。このジンゲロール、なんともピリッとした辛味の元であり、生姜特有の味わいを生み出しています。

消化を助けるジンゲロール

では、ジンゲロールはどのようにして私たちの消化をサポートするのでしょうか。この成分は、胃液の分泌を促進します。胃液って、食べたものを消化するために超重要な役割を担っているんですよ。つまり、ジンゲロールが胃液の出番を増やすことで、食べ物がスムーズに消化され、胃が快適になるというわけです。
また、ジンゲロールは腸の動きを活発にする効果もあります。腸がしっかり動くことで、食べ物が腸内をスムーズに通過し、消化不良や便秘のリスクを減らす助けになるんです。

生姜を摂るとどうなるの?

生姜を摂ることで、ジンゲロールが私たちの体内で活躍し始めます。食後のもたれ感が軽減されたり、消化がスムーズになったりして、お腹がより快適になるんです。だから、食事に生姜をプラスすると、お腹が幸せになるとも言えますね!

驚きの効能その2:吐き気を鎮めるヒーロー

乗り物酔いや妊娠中のつわりに悩まされているあなたにも、生姜は強い味方です。生姜に含まれる成分が吐き気の軽減に効果的。旅行のお供に生姜入りのお菓子を一つ、どうでしょう?
生姜に含まれるジンゲロールとショウガオールは、生姜の辛味成分です。これらは生姜を温めたり乾燥させたりすると、化学的に変化してショウガオールが増えます。どちらも体に良い効果をもたらしてくれるんですが、特に注目したいのが、吐き気を鎮める力です。

吐き気に対する救世主

ジンゲロールとショウガオールは、胃腸の働きを整えることで、吐き気を鎮める効果があります。特に乗り物酔いや妊婦のつわりなどで感じる吐き気に対して効果的とされています。これらの成分が、胃の中の不要な動きを抑え、胃液の過剰な分泌を防ぎます。結果、吐き気を感じにくくなるわけです。

生姜を使った吐き気対策

例えば、船や車での移動中に生姜のスライスを噛むか、生姜茶を飲むことで、旅行中の不快な吐き気を和らげることができます。妊娠中の方も、医師と相談の上で、生姜を利用すると良いでしょう。

驚きの効能その3:免疫力のサポーター

風邪をひきやすい、体がだるい…そんな時は生姜を摂り入れてみませんか?生姜に含まれる成分が免疫力を高め、体を内側から強くしてくれます。冬の寒い時期には特におすすめですよ。
生姜が免疫力をサポートする秘密兵器は、やはり「ジンゲロール」や「ショウガオール」、さらに「6-ジンゲロール」といった成分にあります。これらは単に料理を美味しくするだけでなく、私たちの体を内側から強くしてくれるんです。では、その効能を楽しくわかりやすく解説しましょう!

ジンゲロール & ショウガオールの免疫力サポート

これらの成分は、私たちの体内で抗酸化作用を発揮します。つまり、体をサビさせる原因となる活性酸素を減らす助っ人なんです。活性酸素が減ることで、体の細胞が健康に保たれ、免疫システムが正常に機能しやすくなります。

抗炎症効果もバッチリ

また、ジンゲロールやショウガオールには、体内の炎症を抑える効果もあります。炎症は、様々な病気の原因になり得るので、これを抑えることは免疫力を高める上でとても重要なんですよ。つまり、生姜は体の中の小さな炎を消す消防士のような役割を果たしてくれるわけです。

免疫力を高める具体的な例

生姜を摂取すると、体の免疫細胞が活性化されます。特に、風邪やインフルエンザなどのウイルスに対抗するためには、強い免疫システムが必要です。生姜を食べることで、体がウイルスと戦う力を少しでも強くできるというわけです。

生姜の取り入れ方いろいろ

「でも、生姜ってどうやって食べたらいいの?」そんなあなたに、簡単で美味しい生姜の取り入れ方をご紹介します。生姜をすりおろしてお味噌汁に入れる、お肉料理に添える、生姜茶を作る…など、日常の料理にちょい足しするだけで、生姜の効能を手軽に楽しめます。

生姜を使ったカンタンレシピ

豚肉の生姜焼き

材料
豚肉(薄切り)200g
しょうが(すりおろし)大さじ1
醤油 大さじ2
みりん 大さじ1
料理酒 大さじ1
サラダ油 少々
お好みで野菜(玉ねぎ、ピーマンなど)

作り方
1.豚肉は食べやすい大きさに切ります。
2.ボウルに醤油、みりん、料理酒、すりおろした生姜を入れてよく混ぜ、調味液を作ります。
3.豚肉を調味液に漬け込み、15分程度置きます。
4.フライパンに油を熱し、マリネした豚肉を両面焼きます。お好みで野菜も一緒に炒めます。
5.肉に火が通ったら、完成です!

生姜茶

材料
生姜 1片(約10g)
水 500ml
ハチミツ お好みで

作り方
1.生姜を薄切りにします。
2.鍋に水と切った生姜を入れ、沸騰させます。
3.弱火で10分程煮出したら、火を止めて蓋をして5分ほど蒸らします。
4.カップに注ぎ、お好みでハチミツを加えて完成です。

生姜の甘酢漬け

材料
生姜 200g
酢 100ml
砂糖 50g
塩 少々

作り方
1.生姜を薄切りにします。
2.鍋に酢、砂糖、を入れ、火にかけて砂糖を溶かします。
3.煮立ったら火を止めて冷まします。
4.冷ました甘酢に生姜を漬け込み、冷蔵庫で一晩置きます。
5.翌日には生姜の甘酢漬けが完成です。

おわりに

いかがでしたか?毎日の料理にちょっと一手間加えるだけで、健康に役立つ生姜。今回紹介した効能や取り入れ方を試して、活力ある毎日を送ってみてくださいね。生姜で、あなたの健康をちょっとずつ、でも確実にサポートしましょう!

今日も元気に治療院藤森楽天市場店は営業中です!

関連記事

  1. 治療院藤森で販売しているワンタッチチューブは、一点一点当院で制作しています。

    骨盤ワンタッチチューブは凄い

  2. 自分の健康は自分で創る

  3. 骨盤ゴムバンドワンタッチシングル穴あきのバンドです。幅10.5cmの平ゴムで、幅広く骨盤そ支えます。重い荷物を持つかた、セルフ骨盤ケアをしませんか。

    幅広平ゴムで骨盤を柔軟にガード!骨盤ゴムバンドワンタッチシン…

  4. 骨盤チューブ大2mです。骨盤にぐるぐる巻いて、整えましょう。

    ☆笑門来福☆

  5. 酒粕〜美容と健康に効果絶大!日本のスーパーフード

  6. 第20回 産前産後の骨盤ケアセミナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。